2008年12月24日

ヤフオク!

オークションのカテゴリ情報について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

オークション事業部 開発部 まぁ坊です。

今回は、オークションのカテゴリ情報について、
簡単にお話させていただこうと思います。

Yahoo!オークション

オークションのカテゴリは木構造をとっています。 木構造は、ノードとリーフで構成されていて、 始まりのノードをルートと言ったりします。 末端がリーフとなります。 では、オークションのカテゴリ情報はというと、 ルートノードは、オークショントップページの「オークション」となります。 その下には、

と、25個のカテゴリが属しています。これは木構造での中間ノードにあたります。 これら25個のカテゴリは、「オークション」から見た子カテゴリと言います。 逆に「オークション」は、子カテゴリ(例えば「コンピュータ」)から見ると親カテゴリとなります。 上記の例では、子カテゴリは中間ノードにあたるので、 それぞれのカテゴリも子カテゴリを持つことになります。 私たちは、この中間ノードのカテゴリをカテゴリノードと言っています。 「ダッフルコート」のような末端のカテゴリをカテゴリリーフと言っています。 末端ですので、カテゴリリーフは子カテゴリを持たないカテゴリです。 このようにして、オークションのカテゴリは木構造を成しています。

それぞれのカテゴリには、カテゴリIDという識別番号が付与されています。 「オークション」は“0”がカテゴリIDです。 例えば「コンピュータ」では“23336”というカテゴリIDが付与されています。 このようなカテゴリ情報は、Yahoo!デベロッパーネットワークで公開してるカテゴリ情報APIで取得できます。

では、「オークション」のカテゴリ情報を取得してみましょう。

http://auctions.yahooapis.jp/AuctionWebService/V1/CategoryTree?appid={あなたのアプリケーションID}&category=0

appid
アプリケーションIDを指定します。未登録の場合は、こちらから登録しておく必要があります。
category
カテゴリIDを指定します。この例では、「オークション」ですので“0”が指定されています。
レスポンスの<childCategory>から子カテゴリの情報を取得することで、 再帰的にオークションのカテゴリをたどれます。
<categoryId>
子カテゴリのカテゴリIDです。このカテゴリIDを使って、子カテゴリの情報を取得できます。
<categoryName>
子カテゴリの名前になります。
<numOfAuctions>
子カテゴリに出品されているオークションの件数です。
<isLeaf>
カテゴリリーフ(末端カテゴリ)であるか否かの情報です。trueの場合はカテゴリリーフとなります。
レスポンスの詳細は、こちらを参照してください。

今回は、簡単にオークションのカテゴリ情報について紹介させていただきました。 カテゴリ情報は、今回は触れていない情報も持っています。 まだAPIでは取得できない情報もあります。現在、カテゴリ情報API V2を開発しています。 このAPIは、現在はレスポンスに含めていない情報も入れて、レスポンスを刷新する予定です。 オークションは、今後もAPIの充実を図っていきたいと思っております。今後とも、Yahoo!オークションをよろしくお願いいたします。

Yahoo! JAPANでは情報技術を駆使して人々や社会の課題を一緒に解決していける方を募集しています。詳しくは採用情報をご覧ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加