2010年2月15日

サービス紹介

テレビにもウィジェットを〜「TV Widgets」〜

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。Yahoo! JAPANでアプリケーションの開発を担当しております継岩です。
Yahoo! JAPANでは、ウェブブラウザへ表示するページによるサービスだけでなく、ブラウザのアドオンとしてさらにインターネットを利用しやすくる「Yahoo!ツールバー」、お客様に安心してインターネットをご利用いただくための「Yahoo!あんしんねっと」なども提供させていただいております。

japan.internet.com」にて連載中の“進化する「LIFE ENGINE」 - Yahoo! JAPAN 2010年の新技術”第三回では、そのなかでも「Yahoo!ウィジェット」のテレビ対応版、「TV Widgets」についてご紹介させていただきました。ぜひご覧ください。

※「japan.internet.com」のご厚意により、2月10日に掲載された第三回目の記事を以下に転載します。

------下記転載------

Yahoo! JAPAN は昨年秋(2009年10月8日)、CEATEC JAPAN 2009 において「Yahoo! Everywhere 構想」と題した講演を行い、米 Yahoo! が昨年1月(2009年1月7日)に発表、昨年春よりサービスを開始している「TV Widgets」を、日本国内向けにも開発中であることを発表しました。今回は、この「TV Widgets」についてご紹介いたします。

ウィジェットとは

従来より Yahoo! JAPAN は、パソコン向けに「Yahoo!ウィジェット」を提供しています。「Yahoo!ウィジェット」とは、インターネットへアクセスする際に使われるブラウザと異なり、パソコンの画面を大きく占有することなく、画面の好きな位置に置いておくことのできる便利なツールです。

カレンダー、ノートパッド、地図、検索など、用途に特化した機能を「ウィジェット」と呼ばれる小さなウィンドウへ凝縮。必要となった時にすぐに使えるので、パソコンでの作業が快適になります。


パソコン版「Yahoo!ウィジェット」


ウィジェットの仕組み

「Yahoo!ウィジェット」を構成する要素のうち、パソコン内部で動くものとして、カレンダーや地図、ノードパッドなど個別の機能を提供する「ウィジェット」と、その個々のウィジェットを読み込み、パソコン画面上で動作させたり制御を行ったりする「ウィジェットエンジン」とに分かれます。

また、多くのウィジェットを保管して、お客様が自由にウィジェットをダウンロードできる Web サイト、「ウィジェットギャラリー」もあります。

「ウィジェット」は JavaScript と XML にて記述されており、お客様自身がウィジェットを作成することもできます。さらに、自分で作成したウィジェットを他の方々にも使っていただけるように、「ウィジェットギャラリー」へ登録する機能も用意しています。

ウィジェットの開発に関するドキュメントや、「ウィジェットギャラリー」へ登録する際に必要な「ウィジェットコンバーター」といったツール類は、「Yahoo!ウィジェット」サイトの中にて「開発ツール」として公開されています。

ウィジェットをテレビにも

「Yahoo!ウィジェット」は、パソコンの画面で行っている作業を中断することなく、簡単にさまざまな機能を呼び出すために作られました。一方で Yahoo! JAPAN には、パソコンだけではなく、お客様の生活のさまざまなシーンにおいて、もっとインターネットを使っていただきたいという「Yahoo! Everywhere 構想」があります。

お客様がパソコンに向かっている時だけではなく、外出先でも、リビングでくつろいでいる時でもインターネットをご活用いただきたい、Yahoo! JAPAN としてお力添えしたい、という LIFE ENGINE の発想です。

お客様の生活シーンを考えているうちに、ウィジェットはテレビ画面ととても親和性があるのではないか、ということに気が付きました。そして、米 Yahoo! が開発していた「TV Widgets」が、まさにそれを実現するものでした。


「TV Widgets」(米 Yahoo!によるもの)



「TV Widgets」(米 Yahoo!によるもの)


ウィジェットエンジンのテレビへの展開

「TV Widgets」を構成する要素は、パソコン版「Yahoo!ウィジェット」と同じように、テレビの中で動作する個々の「ウィジェット」、またそのウィジェットを実際にテレビ画面上で動くよう制御する「ウィジェットエンジン」、そして、お客様がさまざまなウィジェットをダウンロードできる「ウィジェットギャラリー」の3つです。

「ウィジェット」は一般的な JavaScript と XML で記述されるので、パソコン用のものと大きな違いはありません。パソコン用のウィジェットを作成されたことがある方なら、テレビ用にも簡単にウィジェットを作成できるでしょう。

ただし、パソコンの上で動いているウィジェットをそのままテレビへ持ってきても、マウスでドラッグすることはできませんし、リモコンで操作できない部分もたくさんでてくるでしょう。また、テレビは遠くから離れて見るので、そのままでは表示される文字も小さすぎるかもしれません。

「TV Widgets」では、こうしたテレビに合わせた大きさ、お客様の目の位置からの距離にあわせてさまざまな改良がされており、操作もリモコンだけで簡単に行えるように考えられています。また、そのような改良された部分のほとんどを、あらかじめ JavaScript のライブラリとして提供しており、比較的簡単にテレビ向けのウィジェットを作成できるようになっています。

「ウィジェットエンジン」については、テレビをはじめとした家電はパソコンと違い非常に限られたメモリー、CPU パワーでさまざまな機能を動作させなければいけません。そこで「TV Widgets」では、「ウィジェットエンジン」本体の軽量化、CPU や回路への対応を、各テレビメーカー様と協力しながらすすめています。

「ウィジェットギャラリー」もパソコンと違い、テレビから Web サイトにアクセスしてダウンロードする、というわけにはいきません。そこで、「TV Widgets」には、標準で「Widget Gallery」というウィジェットが用意されています。テレビを見ているお客様は、リモコン操作だけで簡単に自分が使いたいウィジェットをダウンロードして使えます。


「Widget Gallery」もあらかじめ用意


Yahoo! JAPAN では、この「TV Widges」を日本へも導入すべく、米 Yahoo! と共同で開発中です。

世界の中でも日本は、携帯をはじめとしてテレビやゲーム機などのインターネットへの対応が最も早く行われています。テレビにどのような形で「TV Widgets」を導入するのが、最もお客様にとって良いかを、協力パートナーの皆様と一緒に考えながら開発しております。日本のテレビでもウィジェットが使えるようになる日を楽しみにしていてください。


日本向けに開発中の「TV Widgets」
(画面は開発中のものです)



日本向けに開発中の「TV Widgets」
(画面は開発中のものです)


Yahoo! JAPANでは情報技術を駆使して人々や社会の課題を一緒に解決していける方を募集しています。詳しくは採用情報をご覧ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加