2010年1月29日

サービス紹介

Mac版Yahoo!メッセンジャー3.0のご紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。アプリケーション開発部の佐藤新悟です。1月26日にMac版Yahoo!メッセンジャー バージョン3.0がリリースされました。今回は、新しいMac版Yahoo!メッセンジャーの概要と、サービスページでは説明しきれなかった機能について書かせていただきます。

はじめに

Mac版Yahoo!メッセンジャー3.0は、米Yahoo!ですでにベータ版がリリースされているYahoo! Messenger for Mac 3.0を、日本向けにローカライズしたものになります。

今回のバージョンアップで、コードはすべて新たに書き直されています。技術的に言うとCarbonベースからCocoaベースに移行し、Universal化されました。見た目もイマドキのMacアプリケーションになっていると思います。

バージョン2.6から追加された主な機能は以下の通りです。

  • ボイス
  • ボイスメッセージ
  • メッセージアーカイブ
  • Yahoo!アバターの表示
  • etc...

新機能紹介のページにもまとまっています。ここから先は、こちらのページで詳しく紹介できなかった機能について解説したいと思います。

ウインドウのタブ表示

「環境設定」の「メッセージ」→「メッセージオプション」で、「IMウインドウのタブ表示を有効にする」をオンにしておくと、IM、カンファレンス、チャットで開かれるウインドウをすべて同じウインドウ内のタブとして表示させることができて便利です。Safariなどブラウザのタブ機能をお使いの方にはおなじみかと思います。

メッセンジャーのタブもSafariのタブと同じように、ドラッグして順番を入れ替えたり、さらにウインドウの外にドラッグすれば切り離して別ウインドウにしたり、切り離したタブを再び元のウインドウに統合したり、といったことが可能です。


順番の入れ替え


タブの切り離し

Growlによる通知

Mac版Yahoo!メッセンジャー3.0はGrowlに対応しています。Growlとは、Mac用アプリケーションで広く使われいる、アプリケーションからのさまざまな通知を画面に表示するためのツールです。

友だちがオンラインになったときや、新着メールが届いたときなどに、画面の右上に通知が表示されます。「環境設定」の「アラート」で、どんなときに通知を表示させるかを設定できます。

この機能はYahoo!メッセンジャー単体でも使えるものですが、Growlのサイト(英語)からGrowlをインストールすることで、システム環境設定からいろいろな設定ができるようになります。

通知の見た目や表示位置や表示時間を変更したり、アプリケーションごとにGrowlの表示のオン/オフを切り替えることも可能です。


Growlの環境設定パネル

iTunes連携機能

自分のステータスを「iTunesで再生中の曲名を表示」に設定しておくと、今iTunesで聴いている曲がステータスに表示され、友だちから見えるようになります。曲が変われば自動的にステータスも変わります。また、ステータスはリンクになっていて、クリックするとiTunes Storeで該当曲を検索できます。普段iTunesで音楽を聴きながら作業している方はぜひ使ってみてください。

また、「環境設定」の「通話」から、「通話中はiTunesの音楽再生を一時停止」にチェックしておくと、ボイスでの会話中は自動的にiTunesの再生をストップできます。

アドレスブック連携機能

「友だち」メニューの「情報を見る」から、友だちの姓、名、メールアドレスが設定できます。ここで姓名を入力しておけば、友だちリスト上の表示が入力したものになり、IDよりもわかりやすくなります。また、ここで入力した情報はYahoo!アドレスブックと同期されます。

さらにMac版では、ローカルにある「アドレスブック」アプリケーションと連携できます。上記の「情報を見る」メニューで開いた「連絡先の編集」画面で、「アドレスブックカードを選択」ボタンを押して、ローカルのアドレスブックからカードを選択すると、カードの内容からデータを取得します。その後はアドレスブック側のデータを更新するとメッセンジャー側に反映されるようになります。

アドレスブックカードを選択している場合はさらに、友だちの表示画像としてアドレスブックの画像を使用するというオプションもあります。

おわりに

随所にMacらしさをもったアプリケーションだと思います。多くのMacユーザーの方にお試しいただければ幸いです。

関連情報

INTERNET Watchの該当記事
http://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/20100129_345710.html

Yahoo! JAPANでは情報技術を駆使して人々や社会の課題を一緒に解決していける方を募集しています。詳しくは採用情報をご覧ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加