2010年4月 6日

Yahoo! JAPAN研究所

VisualSeeker V2 - ウェブ類似画像検索

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo! JAPAN研究所の成果である"画像特徴による画像検索技術"を利用した画像検索サービス「VisualSeeker」。
リニューアルした「VisualSeeker V2」では、ウェブ上の一般の画像を検索対象に広げたほか、"領域指定検索"の機能を追加。より多くのシーンで利用できるようになりました。


「VisualSeeker V2」の機能について

ウェブ上にある画像をキーワードで検索。検索結果からさらに、選んだ画像によく似た画像を、さまざまな方法で検索できます。


類似画像検索

【1】類似画像検索
画像から抽出できる特徴のほか、Yahoo!画像検索で使われているテキストの情報を利用することで、精度の高い検索が可能に。
また、お手持ちの画像をアップロードして類似画像を探すことも可能(JPGかGIF、1MBまで)。


スケッチ検索

【2】スケッチ検索
自分で描いたスケッチによく似た画像を、ウェブ上の画像のなかから検索できます。


色指定検索

【3】色指定検索
選んだ画像のなかの特定の色を指定して、類似した色みの画像を検索できます。


複数画像検索

【4】複数画像検索
複数の画像を選んで、類似する画像をand検索できます。


新機能:領域指定検索

【5】新機能:領域指定検索
画像の一部を指定して、その部分に類似した画像を検索できます。


「VisualSeeker V2」の技術概要

‐高速な画像検索

VisualSeeker V2」では、画像から1000次元を超えるベクトルデータを画像の特徴として抽出しています。 言い換えると1000個を超える数値データを抽出しています。これほど次元の数が大きいと、一般には高速に検索することが難しいとされています。
Yahoo! JAPANでは、次元数が多くても高速に検索できる独自インデックスを研究開発しました。 このインデックスを用いることで、1000万画像を1秒以下で検索することが可能です。「VisualSeeker V2」では、この独自インデックスを用いることにより、高速な検索を実現しています。

参考文献: 岩崎雅二郎, "近似k最近傍グラフによる距離空間の近傍検索", 情報処理学会論文誌:データベース, vol.3, no.1 (TOD45), pp.18-28, 2010


‐領域指定による画像検索

類似画像検索とは異なり、領域指定による画像検索では、画像の領域の角度や大きさが違っていても、類似する画像を検索できます。 これを実現するために、画像全体ではなく画像中のさまざまな部分画像から特徴を抽出しますが、その特徴の数は膨大で、高速な検索が困難となります。
そこで各特徴を、代表となる特徴に置き換えることで高速な検索を実現しています。なお、領域指定による画像検索は、ロゴ、本の表紙、CDカバー、建物といった人工物の検索を得意とします。


今後の展望について

VisualSeekerの一部の技術はオークションの商品画像検索にすでに利用されていますが、ヤフーのさまざまなサービスへさらに展開していきたいと考えています。
まだ、VisualSeekerはスタート地点だと思ってますので、人が視覚的に欲しいものをより簡単に探し出せるように、検索の精度や速度の向上を目指していく予定です。そして、ただ探し出せるだけではなく、そこに楽しさも加わえられたらいいなと常々思っています。(岩崎雅二郎)

Yahoo! JAPANでは情報技術を駆使して人々や社会の課題を一緒に解決していける方を募集しています。詳しくは採用情報をご覧ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加