2012年2月 3日

ラボ

防災・減災にAndroidアプリ「G-Banz」を役立てよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

はじめに

こんにちは、アプリ企画・開発担当のR.Sugishitaです。先月、地盤採点アプリ「G-Banz(じーばんず)」をYahoo!ラボで公開しました。IT企業が地盤の評価なんて、「一体ヤフーは何を始めようとしているのか?」と思われるかもしれません。

本アプリは、昨年秋に開催されたHack Day Japan 7という社内イベントに出品し、R&D統括本部復興支援賞を受賞しました。それから約4か月間、改良を重ねて今回リリースに至りました。

「G-Banz」で液状化・地盤沈下の危険度を調べる

本アプリは独自のアルゴリズムにより、指定された場所のおおよその地形を判定し、そこから予想される地盤の状態を得点形式で表示します。企画の背景をご説明する前に、実際にアプリを使って採点するところをご覧ください。

まずは、東京湾の臨海地域で採点します。起動画面で[地図で指定]を選び、地図上で場所を指定して[決定]ボタンを押すと、採点を開始します。

採点結果は500ポイントで、★の数は何とゼロ。ちょっと残念な結果が表示されました。

次に荒川に沿って北上し、河岸付近で採点します。

先の場所ほどではないですが、2000ポイントの★2つとやや低め。微妙な点数です。

最後に南西方向へ移動し、坂を上がって六本木のあたりで採点します。

これまでとは異なり、6625ポイントと高得点で、★は4つ。かなり良い評価です。

上記の3か所を実際の地形に当てはめると、最初の場所は「埋め立て地」、2番目は「自然堤防」、最後の六本木付近は「台地」にあたるところになります。実際、液状化や地盤沈下は港湾の埋め立て地などで多く発生し、台地の上ではほとんど見られません。

このように、「G-Banz」を使えば、その土地の地盤をおおまかに調べられます。衛星利用測位システム(GPS)や住所検索にも対応していますので、地図上で場所を探すのが苦手な方は自宅前で[現在地を指定]ボタンを押すか、住所を入力して[検索]ボタンを押すだけで、ピンポイントにその場所を採点できます。

さらに、こうした実用的な使い方のほか、「G-Banz」では採点結果について、前日時点の集計データを元に全国順位を表示しています。本アプリのアルゴリズムならどのあたりの得点が高いか予測して、全国トップを狙ってみるといった楽しみ方もあります。

「G-Banz」の企画の背景

本アプリの企画のきっかけは、昨年の東日本大震災で液状化被害に遭われた方の「まさかこんな場所で」という言葉でした。確かに被災場所は海から遠く離れており、意外と思われるのも仕方ありません。しかし、大学時代に地形学を専攻していた自分からみると、そこは少なからずリスクを抱える地域でした。

液状化や地盤沈下が起こりやすい地域は、一般に「沖積低地(沖積平野、沖積地)」と呼ばれるところです。あまり聞きなれない言葉かもしれませんが、皆さんも学校の地理で「扇状地」「自然堤防」「三角州」を学ばれたと思います。これらを総称して「沖積低地」と呼びます。

沖積低地は河川が運んだ土砂が堆積してできた地形であり、地盤が軟弱なところとなっています。実際、前述した液状化の被災場所は沖積低地であり、(地形年代的には)つい最近、河川の堆積作用により海から陸地となったところでした。

このように、自分の住んでいる場所が沖積低地にあたるかどうかを知ることは、防災・減災に向けて非常に有効な情報となります。こうした地形(地盤)に関する情報をスムーズかつ分かりやすい形でユーザーに伝えることができないか、「G-Banz」はこのような背景から誕生しました。

「G-Banz」による地形分類

本アプリは「標高」をキーとしたシンプルな計算式により地形分類を試みておりますが、おおむね実際の状況に即した結果を得ております。
※採点アルゴリズムについては、Yahoo!ラボより「G-Banz」の紹介ページをご参照ください。

以下は本アプリの採点結果を地図上に落とした図ですが、東京では武蔵野台地、名古屋では熱田台地、大阪では上町台地の上で高得点となっています。

凡例: ...★×5 ...★×4 ...★×3 ...★×2 ...★×1 ...★×0

もちろん、地形や地盤はさまざまな要因により決定されるものであり、考慮すべき項目はまだまだあります。研究機関や調査会社の方々で、より精度の高い計算式やデータなどご提案がございましたら、ぜひご連絡いただければと思います。

おわりに

かつて「日本のような軟弱地盤の多い国では、高層ビルの建築は無理」と言われた時代がありました。しかし、建築技術の進歩により、ご存じのとおり今では数多くの高層ビルが建てられています。このように、必ずしも「軟弱地盤=危険」という訳ではなく、土地の地盤を理解して万全の対策をしておくことで、災害発生時の安全を保てます。

このアプリをきっかけに、皆さんの「土地の地盤」への関心が少しでも高まっていただければ幸いです。Android端末をお持ちの方は、ぜひ使ってみてください。

Yahoo! JAPANでは情報技術を駆使して人々や社会の課題を一緒に解決していける方を募集しています。詳しくは採用情報をご覧ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加