2014年10月 6日

イベント

PHPカンファレンス2014にYahoo! JAPANが参加します #phpcon2014

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、Yahoo!デベロッパーネットワークの中野です。

今週の土曜日、2014年10月11日に、年に一度のPHPの祭典「PHPカンファレンス2014」が開催されますが、今年はYahoo! JAPANもプラチナスポンサーとして参加します。

Yahoo! JAPANノベルティグッズを配布するほか、社員によるセッションもありますので、ぜひ会場へお越しください。

昨年の様子はレポートとしてまとめていますので、合わせてご確認いただければと思います。
PHPカンファレンス2013参加レポート - Yahoo! JAPAN Tech Blog

PHPカンファレンス2014概要

テーマ 知りたい、があなたを変えていく。
日時 2014年10月11日(土) 10:00 - 16:00 (17:00より懇親会)
場所 東京都大田区南蒲田1-20-20 大田区産業プラザPiO
費用 無料
参加登録 http://phpcon.doorkeeper.jp/events/15532
※ すでに定員に達していますが、PHPカンファレンスは無料のイベントで、出席も取っていないため、参加登録なしでも入場できます。ただし、会場調整の関係から、参加登録と聞きたいセッションへの投票をお願いしています。ご協力お願い致します。
公式サイト http://phpcon.php.gr.jp/w/2014/
ハッシュタグ #phpcon2014

ブース

今年もYahoo! JAPANのオリジナルノベルティグッズを配布予定ですので、会場へお越しの際はぜひお立ち寄り下さい。昨年の様子は2013年度PHPカンファレンス参加レポートよりどうぞ。

2013年度実績

セッション紹介

以降、プログラム順です。

PHPコアから読み解くPHP5.5

タイトルPHPコアから読み解くPHP5.5
時間10:50 - 11:20
会場メイン (2F 小展示ホール)
発表者蒋池 東龍 (ヤフー株式会社)
概要PHP5.5 の新しい要素を PHPコア の観点から紹介。
PHP の文法だけではなく、実際にどう動いているのかを理解できる。
1度で2つのことを習得できるお得なセミナー。

学生・新卒エンジニア向け講演 〜パーフェクト成長戦略

タイトル学生・新卒エンジニア向け講演 〜パーフェクト成長戦略
時間12:10 - 12:40
会場Cトラック (3F 特別会議室)
発表者柄沢 聡太郎 (@sotarok) (株式会社クロコス CTO)
概要

PHPにとどまらない「エンジニア」としてどう成長していくか、自分のキャリアと経験の中から、皆さんにお伝えできる(出来る限り)生々しい話をします。

私自身が学生のとき、新卒のとき何を考えて行動していたのか、そして今何を考えているのか、みなさん自身では、もしかしたら気付けていなかった視点に気づけるような話ができればと思います。

PHPにおけるI/O多重化とyield

タイトルPHPにおけるI/O多重化とyield
時間12:50 - 13:20
会場Bトラック (4F コンベンションホール)
発表者中野 拓 (ヤフー株式会社)
概要

マイクロサービスという言葉が流行しているように、小さなサービス同士がネットワークで通信しながら一つのアプリケーションを構成するような作り方が見直されています。

しかしながら一般的にネットワークI/Oはサーバー内のI/Oに比べて遅く、フレームワークのコードを単純に分割するとアプリのパフォーマンスが気になります。

そこで通信を多重化し最適化する方法を問い直します。主にcurl_multiを取り上げますが、yieldを使った新しい書き方を提案します。

キーワード: curl_multi, 非同期API, async/await, yield, コルーチン, ジェネレータ

LT CMS/DB PHP&NewSQLで考える次世代アプリケーション

タイトルCMS/DB PHP&NewSQLで考える次世代アプリケーション
時間14:50 - 15:20 (ライトニングトーク CMS/DBの一枠ですので、当日の状況により時間は変わります)
会場メイン (2F 小展示ホール)
発表者竹澤 有貴 (ヤフー株式会社)
概要

NewSQLとよばれる最新鋭データベースの中でも、
VoltDBとNuoDBに焦点を当てて、
PHPとNewSQLを用いて次世代のアプリケーションを考える内容です。

なお、時間と会場は混雑状況により変更される可能性がありますので、PHPカンファレンス2014公式サイトのプログラム表も合わせてご確認ください。

それでは、会場にてお会いしましょう!

Yahoo! JAPANでは情報技術を駆使して人々や社会の課題を一緒に解決していける方を募集しています。詳しくは採用情報をご覧ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加